便利な機能

M2Mとは、Machineto Machineの略で、あらゆる物をインターネットに接続して、快適・便利に生活をしていくという技術である。色んな産業で活用されている。農業でも利活用が盛んである。例えば、イチゴをビニールハウス内で栽培するシーンでもM2Mが利用されている。イチゴは、現在春だけでなく、年中食べる事ができる。ビニールハウス内には、通信モジュールが設置されており、ビニールハウス内の温度も自動管理されている。冬場は、低温になったらビニールハウス内のエアコンが自動的に作動し、栽培に快適な温度に設定される。水分補給が足りなくなったら、自動的にミストがでるように設定されている。このように、あらゆる業界でM2Mの導入が盛んになっている。

個人でも手軽にM2Mを利用できる。ペット(例えば犬)に装着し、外出先でもペットの様子を見たりできる。ペットが病気になった時等は、大変便利である。このサービスの利用料金は毎月500円程度である。初期費用のペットに装着するモジュールも5000円程度で利用しやすい価格体系になっている。このように、産業界だけでなく、個人で利用できるサービスも盛んになっている。ホームセキュリティ会社とタイアップされたサービス等発売されている。通常のホームセキュリティの料金に1000円以内のオプション契約をすれば、M2Mを気軽に利用できる。このように、既存のサービスの付加サービスとして位置づけられ、価格も個人で利用しやすい価格体系が実現されている。